京都の優良住宅会社・工務店ランキング

マイホームの建築や家のリフォームは、価格だけを比較して工務店やハウスメーカーを選ぶと大失敗してあとで後悔することになるパターンが多いので要注意です。

工務店や住宅会社選びは家のリフォームや良い家を建てるためにとっても大事な事です。

まずは私が10年前にローコストハウスメーカーと言われている坪単価の安いハウスメーカーで、価格の安さに飛びついて家を建てた失敗例をご紹介します。

リフォームしたらシロアリの痕跡を発見

私の家は築100年の古い民家。

日本家屋であるうえに立て付けが悪く、冬には屋内が外以上に寒いといった状態になっていました。

そこで思い切ってリフォームをしたんですが、いざ床板や壁を撤去してみると、シロアリの食い散らかした跡がいっぱい!

シロアリについてはまったくといっていいほど知識がなかったんですが、まず驚いたのが、柱や建材がシロアリ被害にあってもすぐに家屋全体が倒壊するわけではない、という事実。

まあたしかにシロアリがいただけで家が潰れるのなら、大半の民家が跡形もなくなっていそうなものです。

しかし、だからといってシロアリ被害にあった柱をそのままにしておくのは得策じゃありません。

確実に家の強度は落ち、家全体の重量を支えるすべての柱のバランスが崩れてしまうので、地震などが起きたときに倒壊する可能性があがっているはず。

リフォーム工事をしたことで、シロアリの痕跡を発見できたことは、いわば不幸中の幸いだったと言えるでしょう。

ではシロアリの被害はじっさいには家のどの場所にあったかというと、お風呂場の周辺です。

シロアリ業者さんに尋ねたんですが、これはどこのおうちでも当てはまることらしく、築年数の古い家であれば、湿気の多い浴室周辺の木材はたいていシロアリに食われているんだとか。

それも今流行りのユニットバスタイプのお風呂ではなく「湿式」と呼ばれる昔ながらの浴槽のお風呂に多いようです。

「湿式」とは、浴槽が地面に直接のっかっていて、コンクリートで直接固定してあるお風呂場の工法です。

つまり地面から浴槽まですべて「地続き」になっているお風呂です。(これに対し、「乾式」のユニットバスなどの場合、地面と浴槽のあいだに空間が空いています)

「湿式」のお風呂では、水分が直接下の地面へと染み込んでいき、空間がないために風通しもなく、湿ったまま。また、シロアリも直接地面から上へのぼってこれるのです。

古い家屋をリフォームなら、お風呂場周りを新しくするのが家全体の耐久性を維持するためには重要かもしれませんね。

参考HP:ハウスメーカーの選び方

京都市のハウスメーカー一覧

  • 三井ホーム
  • 積水ハウス
  • 日本ハウスHD
  • 積水ハウス シャーウッド
  • 京都パナホーム
  • 住友林業
  • 三井ホーム
  • ミサワホーム近畿
  • 住友不動産
  • 旭化成ホームズ
  • 一条工務店
  • ヤマダ・エスバイエルホーム
  • 大和ハウス工業
  • セキスイハイム近畿

住宅展示場のアンケートには要注意

2年前、土地があったし、住宅ローンの金利が低いうちに家を建てようかな、ということで、夫と二人で総合住宅展示場へ行きました。

木造の家が建てたかったのですが、ハウスメーカーを決めていなかったので、いろんな会社のモデルハウスを見学するつもりでした。

展示場に着いて、目の前にあった大手ハウスメーカーのモデルハウスの入り口で、簡単なアンケートを書かされました。

何項目かあったのですが、その中に土地に関する質問があって、「土地はある」のところに〇をつけました。

「土地がある」と答えてしまったためか、入口で手渡した女性に代わって奥から営業マンの男性が出てきて、私たち家族にべったり付きっ切りで説明を始めました。

他の家族も何組か来場していて、比較的自由に見学していたのですが、私たち家族には営業マンがずっとついてくるし、一部屋ごとに丁寧に説明し始めました。

早く他の会社も見学したいのに・・・と心の中で思っていたのですが、なぜか和室に案内され、座布団とお茶まで用意され、パンフレットを出してきて今ならキャンペーンでZECHがお得とか、ソーラーパネルつけたほうがいい、とか、かなりしつこい売り込みになってきました。

他の家族は、ワイワイ言いながら別のモデルハウスへ見学に出ていくので、だんだんイライラしてきました。

この営業マンが担当になってしまえば、これから頻繁に顔を合わせなくてはいけません。

そう思うとうんざりしてきました。

ソーラーパネルには興味がないと強く断っても、キャンペーン中だからお得、みんな乗せている、ランニングコストも心配ないなどと言って引こうとしません。

こちらの希望や思いは完全に無視、会社の利益ばかりを考えているのがバレバレでした。このハウスメーカーは大手で、CMも素敵だったので、第1候補の一つでしたが、あまりにもしつこいこの営業マンのせいで、候補から外すことになりました。

優しい夫も今でも、あの営業マンはひどかったよな、といいます。

今は無事に新築して1年経ちましたが、親身になって何でも相談できた営業さんと現場監督がいるハウスメーカーで建てることができて本当に良かったと思っています。

今から見学を考えている方には、アンケートの答え方には慎重になったほうがいいと思います。