京都の優良住宅会社・工務店ランキング

マイホームの建築や家のリフォームは、価格だけを比較して工務店やハウスメーカーを選ぶと大失敗してあとで後悔することになるパターンが多いので要注意です。

工務店や住宅会社選びは家のリフォームや良い家を建てるためにとっても大事な事です。

まずは私が10年前にローコストハウスメーカーと言われている坪単価の安いハウスメーカーで、価格の安さに飛びついて家を建てた失敗例をご紹介します。

リフォームしたらシロアリの痕跡を発見

私の家は築100年の古い民家。

日本家屋であるうえに立て付けが悪く、冬には屋内が外以上に寒いといった状態になっていました。

そこで思い切ってリフォームをしたんですが、いざ床板や壁を撤去してみると、シロアリの食い散らかした跡がいっぱい!

シロアリについてはまったくといっていいほど知識がなかったんですが、まず驚いたのが、柱や建材がシロアリ被害にあってもすぐに家屋全体が倒壊するわけではない、という事実。

まあたしかにシロアリがいただけで家が潰れるのなら、大半の民家が跡形もなくなっていそうなものです。

しかし、だからといってシロアリ被害にあった柱をそのままにしておくのは得策じゃありません。

確実に家の強度は落ち、家全体の重量を支えるすべての柱のバランスが崩れてしまうので、地震などが起きたときに倒壊する可能性があがっているはず。

リフォーム工事をしたことで、シロアリの痕跡を発見できたことは、いわば不幸中の幸いだったと言えるでしょう。

ではシロアリの被害はじっさいには家のどの場所にあったかというと、お風呂場の周辺です。

シロアリ業者さんに尋ねたんですが、これはどこのおうちでも当てはまることらしく、築年数の古い家であれば、湿気の多い浴室周辺の木材はたいていシロアリに食われているんだとか。

それも今流行りのユニットバスタイプのお風呂ではなく「湿式」と呼ばれる昔ながらの浴槽のお風呂に多いようです。

「湿式」とは、浴槽が地面に直接のっかっていて、コンクリートで直接固定してあるお風呂場の工法です。

つまり地面から浴槽まですべて「地続き」になっているお風呂です。(これに対し、「乾式」のユニットバスなどの場合、地面と浴槽のあいだに空間が空いています)

「湿式」のお風呂では、水分が直接下の地面へと染み込んでいき、空間がないために風通しもなく、湿ったまま。また、シロアリも直接地面から上へのぼってこれるのです。

古い家屋をリフォームなら、お風呂場周りを新しくするのが家全体の耐久性を維持するためには重要かもしれませんね。

参考HP:ハウスメーカーの選び方

京都市のハウスメーカー一覧